by

OL時代に鼻についた、やたら自意識過剰な女の話

OL時代に鼻についた、やたら自意識過剰な女の話
自信過剰だけならまだしも、OL時代にいたあの女は
自分の間違いを認めるどころか、正当化する女でした。
仕事はまあ、できた人だった。
けどずーっとその会社にいたんだからできて当たり前なんだけどさ。
それを勘違いしている自信過剰さも鼻につきましたね。
同じ仕事を何年もやってるんだからできて当然でしょ。
にもかかわらず、自分は仕事ができる女気取りですから、
できない男性社員にまで食って掛かっている様はすさまじいものがありました。
自分以外の人間がミスを犯すと「そら見たことか!」バリに責め立てといて
自分がミスをしても、謝ることはしなければ、逆切れ状態で自分を正当化している様は何ともみっともなかったっけ。

その女が鼻につくのは、仕事の態度だけではなく、
できる美人OL気取りだったところもでした。
ショートカットで和田アキ子にしか見えなかったけど、
本人は長澤まさみのつもり。
つけまつげをサロンでしているだの、洋服はここのブランドのが
私に合っているし、着心地がいいから気に入ってる。。。
だの、自分の気に入っていること、おススメを私たち女性社員に
紹介したり、上から目線でお洒落さん気取ってお前は芸能人かっ。
と思わず突っ込みたくなる。
自慢話を織り交ぜながらだから鼻につく~。
美人でもなければセンスもない、あたなのおすすめのものなんて
誰もマネなんてしませんよー。
と、心では思っていたけどね。

とにかく、自信過剰で傲慢で美人気取りで、自分が何でも一番で
自分が引き立っていないと態度、表情、声まで不機嫌になる
恐ろしい女だったな~。
朝の挨拶の声、歩く足音だけでもその日の機嫌が分かるほど、
思いっきり態度に出る人だった。
分かり易いっちゃあわかりやすいくって、いい加減
1年もたてば、そのアホッポイところが可愛く見えてきちゃったんだよね。
上手に転がらせれば、こっちのもの。
最終的に、あの女の単純で分かり易い性格だったのが幸いし、うまくこっちがコントロールして利用することで、私の仕事もスムーズになったのは、
あの女のおかげとなりました。

私の方が先に結婚退職をし、それから数年後にあの女も結婚をしたと聞きました。
それも、社内の人とです。
あの女のアンナ態度やらを見ておきながら結婚までする男性社員がいたとは驚きましたね。
その後、子供ができたという話まで聞いたけれど、
現在はどうしているだろうか。
専業主婦になっていると聞いているけど、
きっと、あの自信過剰さは健在なんだろうな。

Write a Comment

Comment